退職する人には主に2つのパターンがあり、現状に不満を持っていたり疲弊していたりして続けることができなくなるケースと、キャリアアップ等の前向きな理由によって辞めるケースとがあります。

どちらに属するかで離職防止も異なるため、皆が同じような対策で上手くいくわけではありません。一般的に多いのは不満・疲弊型ですので、どちらかを優先して離職防止対策を行う場合にはできるだけ多くの社員が満足できる環境を目指しましょう。現在の仕事に慣れない・向いていないために疲弊している場合には、社内で別の仕事をしてみて何に向いているのかを探ることが大切です。その中で興味を持てることがあればこの先もずっと働いてくれますので、適材適所を心掛けている会社では離職率が低くなっています。不満に対しては、何に対するものなのかを明確にすることから始めます。

待遇面の見直しでは不公平感が出てはいけませんので、全社的な見直しを行って改善している最中であることを示すことが離職防止です。キャリアアップをしたい人を止める術は多くはありません。社内でこれ以上のスキルアップが望めない場合には、別の会社に移るしかないからです。それでも、給与等の待遇面を上げることで留まってもらう方法もありますので、交渉してみることをお勧めします。また外部の教育関連施設やサイトの利用を認めてスキルを身に付けるためのサポートすることでも、留まってもらえる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *