退職理由には実に様々なものがあります。

遣り甲斐を感じられなくて続けることができないケースでは、ずっと同じ職務についていることがほとんどですので、社内で業務転換できないかを考えることが離職防止への対策になります。業務転換といっても一つの会社内でできることは限られているかもしれませんが、少し変わるだけでも新鮮な気持ちで臨めることもあります。色々な業務を経験することは将来的な財産にもなり、幅広い知識によって適切な対応ができる人材へと成長できるかもしれません。給与が低いというのも、よくある悩みです。給与面から離職防止策を講じるのは実際に難しいケースが多く、会社の資金も限られていることから皆が満足できるような水準に達するのは大変です。そんな中でも多少の見直しが行われて上げる努力をしていることを示せれば、社員も納得して仕事ができます。

大事なのは誠意を見せることであり、社員の気持ちに寄り添って体制を構築することで信頼関係が芽生えます。対処が難しい問題に人間関係があり、職場といえども人間関係は非常に複雑ですので簡単にはいきません。この場合の離職防止策では、困っている社員の話を聞いて少しでもストレスを取り除くことです。ストレスによって精神的な病気になり長く休むことになれば大きな損失ですので、ストレスを取り除けるようにできることから始めます。必要に応じて部署を変えるのも良い方法ですし、相手に不快を与えるような行為を禁止事項として公示するのも良い案です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *