従業員が気持ち良く働くためには、経営陣との信頼関係がとても重要です。

社内での約束事をきちんと守り、透明性を実現することで、お互いに信頼し合いながら仕事を進めることができます。約束事があっても状況に応じて守られないようであれば信頼することはできず、不信感が募るとやる気にも悪影響を与えます。離職防止ではコミュニケーションをしっかりと取ってオープンな環境にすることが大切です。また、全ての従業員に対して平等に評価を与え、その評価に応じた給与を支払うことも必要な取り組みです。仕事を通じて成長できていると実感できなければ、将来的な不安を感じてしまいます。

安心して続けるためには成長していることを実感できるように体制を作ることが大事であり、キャリアアップの機会を与えることが離職防止へとつながります。長く仕事を続けるためにはキャリアプランがとても重要になり、道を誤ると将来的に十分な給与が得られなかったり、過酷な環境での労働を強いられる可能性もあるため、会社が一緒になってキャリアプランを考えることが大切です。業務と人材とのミスマッチを防ぐことも離職防止になります。ミスマッチを防ぐためには、実際の仕事を通してマッチする業務を探してもらう必要があり、いくつもの業務を体験してもらってから進む方向性を決めるのが得策です。本人が方向性に迷っている時には上の人が相談に乗り、上手に導いてあげることも重要な役目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *