人手不足に悩む会社でも、本気になって離職防止策に乗り出しているところはほとんどありません。

人手が足りないと嘆きつつ、退職していく社員を止めるために対策を始めることはなく、辞めた人の分は補充をしてしのいでいる状態です。実は新たな人材を確保できても、同じ人にずっと業務を続けてもらうより非効率です。新たな人材が非常に優秀ですぐにノウハウやスキルをマスターできるのなら話は別ですが、大抵の場合には同じレベルに到達するまでに時間がかかりますので、会社にとっては大きな損失になります。中小企業でも離職防止のために環境を整えることは可能であり、少ないコストで実践しながら大きな成果を生み出している企業もあります。特に辞めてしまうことの多い新入社員の定着を図ることは、業績にも大きなプラスになるため、できることから始めることが大切です。

実践しやすいこととして、人間関係に関しては密にコミュニケーションを取ることで解決できますし、業務を覚えられるかが不安という人には時間をかけて教え込むことで自信を持たせることができます。職場内の意見を取りまとめて、定期的に環境を見直すことも離職防止の対策です。問題が発生した時にいかに迅速に対応できるかが鍵となり、不安や不満をいち早く解決することが求められます。聞き取り調査の結果、様々な問題が生じていることが分かったら、まずは優先度の高い部分から手をつけましょう。余裕が出てきたらその他の問題への対処法も考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *