社員の定着率が低くて人手不足に悩んでいる時には、退職理由を調べてみる必要があります。

その退職理由の中に離職防止策につながるようなヒントが隠されています。辞める人は誰でも不満を持っていて、その不満を解消するために他の職場を探しますので、退職したいと考えている人でも事前に不満点を解消できれば留まってくれるかもしれません。それには、これまで辞めた人たちのきっかけとなった部分を探すことが重要であり、複数の人が不満に感じているような部分があれば早急に対処すべきです。理由としてかなり多いのが給与の安さであり、待遇面に不満を持つと仕事へのモチベーションも下がります。ですから、給与面が相場よりも低ければ離職防止策として給与体系の見直しが急務であり、業績に応じて変える等の工夫も必要です。

能力主義をいきなり取り入れると戸惑う社員もいますから、これまでの体制と新たな取り組みを上手く融合させて、多くの人が満足できるような仕組みを構築するのがポイントになります。労働時間に関する不満もよく耳にします。残業や休日出勤が多くてプライベートの時間も作れないようでは、長く続けることができません。超過勤務にならないように会社は徹底した管理を行い、人手が足りなければ補充をするのが離職防止策の一つになります。人手不足なのに補充もせず、現在いる人たちだけで賄おうとして無理をすることで従業員に負担がかかります。負担を減らすことが、働きやすさにつながることを覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *