離職率が高い企業にとって、採用活動はとてもハードルが上がります。

インターネットがこれほどまでに普及している現代において、企業の評判は検索をすればインターネット上ですぐに調べられる時代です。特に若い方にとっては、就職しようかどうか迷っている企業の評判をインターネットで検索して調べておくことは就職活動の大前提です。そこでこれから就職しようとしている企業の離職率の高さを見れば、他に行ってしまうことは想像に難くないでしょう。離職率の高さはその企業がブラックな企業であり、従業員にとって魅力がない企業であるというイメージに直結します。採用活動が年々難しさを増している状況にあって、離職防止対策をしないという選択肢を企業は取りにくくなっています。離職防止対策としてまず速やかに行うべきは何故従業員が離職するのか理由を聞き、分析できているかどうかです。

従業員との信頼関係が築けていない企業ほど、離職時に従業員が本当の理由を述べて退職することは少ないものです。何故退職という理由を従業員は選ぶのか、率直に理由を聞き、また同じ離職者を出さないように少しでも対策を取ることが離職防止へと繋がっていきます。離職理由が給与の不満だけとは限りません。給与の場合、企業としては出来る対策も限られてきますが、人間関係や成長が感じられる職場かどうか、福利厚生の面であれば企業としては費用をかけずに対策できることも出てくるでしょう。何が求められているのか分析することは重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *