現在いる場所では力を上手く発揮できない、業務に向いていないと感じる等、行っている仕事に関する悩みを持つ人は少なくありません。

このような問題が発生するのは人材と仕事とのマッチングが成功していない証拠であり、力を発揮できる部署への移動ができれば離職防止になります。力を発揮できない場所に置かれると、誰もやる気をなくしてこれ以上のステップアップをすることができなくなりますので、早めに他の業務への変更を考えなければなりません。一般的に配属を決める時にはこれまでの経験やスキルを考慮しますが、本当に重要なのは適性です。個々の才能に合わせた仕事をしてもらうのがもっとも効率的であり、それを見分けるのが会社の役目です。

知識のない分野ですぐには成果が出なくても、長い目で見れば大きな成功に結び付く可能性が高いですし、離職防止という観点から見ても才能を発揮できる分野に配属した方が良い結果を生み出します。部署を決定する場合のノウハウを持たない会社では、本人が希望する場所への配属を決めてしまうことも多いのですが、既にその部署で成功している人がいればそれを一つのモデルとして、同じようなタイプの人材を投入するのが望ましいとされています。この手法の良いところは、同じタイプの人材に指導をしてもらうことで将来への道筋が立てやすい点です。指導される側もスムーズに取り入れることができますので、しっかりとした離職防止策になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *