若手が辞めたくなるのは、困ったことが起きた時に職場で誰にも相談できないからです。

相談相手がいれば打ち明けることで良い案をもらえるかもしれませんし、狭まった視野を広げることで自力で解決策を見つけることも可能です。追い詰められると誰もが目の前のことに集中してしまい、マイナスの要素ばかりが目に付いて退職するしかないと思いこんでしまいますが、相談することで解決できる問題もたくさんあります。ですから、相談できる環境を作ることが離職防止になります。信頼関係を上手く築くことができれば、業務上で少々困難なことが起きても根気良く対応しようという雰囲気になりますので、業績の面にもプラスに働くのが見逃せないポイントです。

離職防止策というとただ単に従業員の定着率を上げることばかりを考えてしまいますが、会社にとってプラスになることが多いことも覚えておかなければなりません。近年では人手不足が深刻な問題になっており、人手が足りないと上手く業務をまわすことができずに業績が下がります。早めに離職防止策を講じる会社は安定した成果を出すことができますので、新たな人材も確保しやすくなります。ただし、信頼関係を築くとは言ってもそう簡単にできるものではありません。上下や横のコミュニケーションを密に取り、何か起きた時に相談できる窓口を作り、問題解決を図るための部署を設けることが必要です。問題解決は専門家でなくても構いませんので、社内のことをよく知っている人材を配置すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *