風通しの良い会社は離職率が低いとされていますが、それは不満や不安を抱えている時でも内に溜め込むことが無いからです。

溜め込んでしまうといつかは爆発し、周りにも大きな影響を与えてしまいます。比較的小規模な会社では、横のつながりだけでなく縦のつながりも密であり、その時々に発生しているトラブルをすぐに察知することが可能です。離職防止策を講じる時には、できるだけ社員一人一人の要望や意見を聞き取って現場に反映していくことが大切です。聞き取りだけをして終わりにすれば意味がありませんので、その後の対処も忘れてはいけません。人によっては上の人には言いにくいケースもありますので、年齢の近い社員がいることも離職防止につながります。

年齢が近いと悩みを打ち明けやすい環境が作られますし、相談するだけで気持ちが楽になることもあるようです。仕事をしていく上で働きやすい環境づくりはとても大事なポイントになりますが、離職防止策を講じている会社でも環境づくりには苦戦していることが多々あります。密なコミュニケーションを取ることは、実はそれほど難しくありません。ただし、上の人が下の人達に気を使うようにしなければ実現できませんので、意識改革が必要になる可能性もあります。要望を丁寧に聞いて悪い部分は改善していく姿勢を見せることで社員も安心して業務を遂行できるようになり、行っている仕事の質を高めることもできますので、業績にも影響する部分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *