会社員の労働市場は年々流動性が高まっています。

一つの会社で勤め上げるというビジネスモデルそのものが崩壊してきた昨今ですので、より魅力的な会社があればそこへ移ることへ躊躇わない社員は増えていく傾向にあります。企業としても、ただ傍観しているだけでは社内の優秀な人材が他社へ転職をしていまう厳しい時代とも言えます。離職防止対策として、退職の意志を持って人事に相談する前の段階で離職を思いとどまらせなければなりません。離職を伝えにくる頃には、次の転職先が決まっていたり、離職の意志を固めていて中途半端な説得にはもう応じてくれない可能性が高く、離職を思いとどまってくれないパターンが少なくありません。辞めようかどうか迷っている段階でいかに有効な離職防止対策を打つことができるかが分岐点となってきます。

まず、従業員の不満や現状を把握するために社内のコミュニケーションに問題がないか確認してみましょう。風通しが悪い企業だと、社員は相談する前に辞めてしまうこともありますので、社員が不満や悩みを誰かに相談してくれる場所を提供しているだけでも大きな違いとなります。また、特に将来がある若い社員の場合、離職防止対策として、将来のキャリアプランや本人の能力を高めることができる機会が十分に与えられているかどうかも大切です。若い従業員の場合、自分の成長を感じられない企業に魅力を感じない社員は他の年代に比べて少なくありません。過度な年功序列で一部の従業員に不満が蓄積されないように配慮しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *