人手不足で求人募集しても思うほど応募が来ないとお悩みの方はいませんか。

応募を増やすための対策として、給与の日払い対応を導入することがあげられます。最近は賃金を少しでも早くもらいたいというニーズがあります。そのため、従来通りの月給での支給ではなく、日給のような短いスパンで支給されることが求められているのです。このような仕組みを導入しようとすると、給与業務の負荷が増加してしまうことが考えられます。人手不足の中、業務負荷を増加させてしまうことは本末転倒と言えます。しかし、給与の前払いシステムを導入することで、企業側の負担を最小限にして、日払い対応できるのです。このシステムの仕組みは、従業員からの日払い依頼を受付け、指定口座に要求された給与の日払い分が振り込まれます。

企業側はいくら支給したかが把握できるため、月給の支給時にその分を差し引いて支給することになります。従業員は自分のパソコンやスマートフォンで依頼ができ便利です。その要求を受け振込みを行うのは、すべてシステムサービス提供側が行ってくれるので、企業側の負担はありません。月給時の調整が若干必要になりますが、これで求人応募アップにつながるのであれば魅力的ではないでしょうか。このようなサービスを提供している会社は数多くあります。それぞれのサービスにより特徴があるため、その違いをよく比較しながら選定する必要があります。資料請求やデモの実施も行ってくれるところが多いので利用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *