本業がある場合あるいは日雇いを複数掛け持ちで働く場合など、働き方が多様化している現状で、給与を日払いで受け取る人も少なからずいます。

このとき、受け取る金額以外にも確認を行うことが重要です。特に所得税や雇用保険といった差し引かれるものにも意識を向けることが大事となります。所得税については、支給する給与に適合したものを源泉徴収している場合が多く、日払いの場合には最低限の税率で計算をしていることが多いです。本業で働いている仕事が別にある場合、あるいはその他の収入が多くあるときなどはこの税率を上回る可能性があります。

後日の確定申告により追加で納税を求められることがあるため、申告を忘れないことが重要です。給与を日払いで受け取っているところが複数箇所あるときには、それらを合算して申告をします。各事業所で差し引かれた所得税は、通常は生命保険料控除や社会保険料控除などは考慮されていないです。したがって、これらを正しく申告することで、源泉徴収された所得税などが還付される可能性が高まります。重要なことは正しい申告を行い、正しく納税を行うことです。足りなければ追加で納税を行い、支払い済みの時には還付を受けることで税負担を和らげます。さらに翌年度の住民税額や健康保険料にも影響を与えるため、申告は行う意識を持つことが重要です。源泉徴収票は働いた先のところに求めることで発行をしてもらえるため、年が改まれば発行を依頼するなどの対応が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *