ほとんどの会社は月給制になっていて、中には週末払いや半月で支払う会社もあります。

しかし、急な出費が出来てしまい次の給与まで生活できそうにない、支払うことが出来ないといった場合、恥を覚悟で上司や会社に前払いで給与をもらうことを考えるかもしれません。では、前払いをお願いしたい場合どうすればよいでしょうか?まずは、前払いが必要な理由や状況をきちんと伝えることです。上司の中には、「詳しいことは言わなくて大丈夫、急な出費が必要になったんだろう」と思って快く貸してくれる人や会社もありますが、しかしほとんどは「なんで必要なんだ?貯蓄はないのか?」というのが普通ですので、理由や状況をきちんと説明しましょう。

そして受け取ったなら、丁寧にお礼を言うことも忘れるべきではありません。「自分が稼いだお金なんだから」と横柄な態度をとるべきではありません。ほとんどの従業員は、決められた日に決まった金額を受け取っていますので、例外な対応をしてもらっているのですから感謝すべきことです。さらに気をつけるべき点として前払いで給与をもらえたからといって、それが常習にならないようにすることが重要です。いつもいつも前払いで給与をお願いするなら、会社や上司から「計画性がない」として判断されたり別の仕事に就くように勧められることもありますので、気を付けましょう。計画的にお金を使うこと、急な出費に備えて貯蓄をしておくことは大人としての責任です。
給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *