人間が現代的な水準の生活を送るためには現金が必要になり、収入が無くなれば維持することは難しくなってしまいます。

これは食事や光熱費といった生存するために欠かせない行動にも現金がなければ購入できないからであり、古来の原始時代のような日常が送れないからだと言えるでしょう。日本では収入を得る方法で大多数が労働力を企業などに提供して、そこから受け取る報酬である給与を得ることで生活ができています。ところが現在は支出に要する金額が増大していますが収入は頭打ちの状態が続いていて、通常の支払い方法で収入があっても生活が困窮する人が増加傾向にあります。

決まった期日に支払われる給与だけで生活が維持できない場合の対策の一つに、本来の支払日よりも以前に受け取る報酬の一部を事前に受け取ることを前払いと言います。前払いは既に発生している報酬額の中から、本人が申請することで企業側が了承すれば受け取ることができる給与になります。この仕組みは企業からすると税金や保険料などの計算などで手間がかかるため、実施していないところの方が多くなっているのが現状です。前払いを実施しているのは特定の業種や非正規雇用で働いているといった場合がほとんどであり、行う場合にも振り込みなど手数料を徴収するケースが少なくありません。通常の方法では手数料は企業側が負担していますが、労働者側の意向で行われていることなので、負担は本人が負うという考え方が一般的になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *