給与前払いサービスとは、給料日前に給料を先払いしてもらうサービスのことで先払いを希望する従業員が申請すると、実際に働いた分から一定金額を支払い仕組みです。

例えば冠婚葬祭などで出費が続いていたり、急にお金が必要になったときには従業員からすると大変便利なものです。大体は従業員からの要望に応じて導入を検討することが多いですが、企業からすると業務負担が大きく、各従業員の勤怠状況に基づいて先払いが可能な給料を計算するのは経理担当には負担です。給与前払いサービスを活用すると企業の業務負担を減らせて、福利厚生の施策の一つとして導入してパートやアルバイト、派遣採用で活用しているところも多いです。導入している企業の多くはシステム提供型で、これは企業は先に支払う分の給料の準備が不要で、サービス会社が申請があった金額を立て替えてくれます。

従業員はスマートフォンから申請が可能ですが事前の登録が必要で、暗証番号などを設定してからシステムにログインし申請をします。その後、サービス会社から従業員の指定口座へ入金が行われます。手数料は前払いした給与の3%から6%が差し引かれて、従業員がサービス会社へ支払います。サービス会社が企業に代わって従業員へ立て替えて支払いますが、立て替えた分の金額を企業へ請求して企業がその請求金額を入金します。導入する企業はシステム利用料などが発生しないことが殆どで、導入したときの賃金規定や労使協定を改正する手間もなく、少ない負担で企業は導入することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *