給与の前払いと聞くと、そんなありがたい制度があるのかと思う人は多いでしょう。

おそらくどんな人でも、給料日前に財布が寂しくなり、今の時点で給料をもらえないものかと一度は考えたことがあるはずです。現実的には、経営者の人と個人的に親しい関係にあったりするのでもない限り、そんな夢のような制度はあり得ないだろうと思われるかもしれませんが、実は決してそうではありません。今では、給与の前払いが会社の制度として確立している勤務先も十分にあるのです。本当かと思うのなら、インターネット上の求人サイトなどで、給与の前払いというキーワードで検索をかけてみるとよいでしょう。

驚くほどの数がヒットするはずです。これは、主にアルバイトやパートタイマーなどが主力となる会社において、求人難を克服しようとして設けられた制度と考えることができます。正社員の場合には、皆無とは言いませんがやはりこのような制度はあまり馴染みません。なお、間違えてはいけないのは、受け取れる給料はあくまでも既に働いたけれども会社所定の給料日が来ていない分だけに限ります。まだ働いてもいない分の給料を先に受け取れるような制度のことではありません。また、言うまでもないことですが先に受け取ってしまった分は本来の給料から減額されますから、しっかりと計画を立てて使わないと当面はしのげても今度は給料日以降の生活が成り立たなくなってしまうということも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *