給与は基本的に月締めで翌月末に支払われるところが多く、就職してから現金が入ってくるまで時間がかかります。

これだと、すぐにお金が欲しい人は働き始めにくいです。給与前払いの仕組みを導入すると、すぐにお金が手に入るので、お金がすぐに必要という方でも応募しやすいので、応募数を増やすことができます。また、給与前払いは福利厚生にもつながるので、従業員の定着胃率にもつなげることが可能です。何かあったときに前払いを利用できれば、借金をする必要もありません。

あくまで自分が働いた分の中から支払いを受けることになるので、利子を取られることもなく気軽に利用できるのも良いところです。こうしたメリットから、最近は給与前払いの仕組みを導入する会社も増えています。一般社員やアルバイトなど、いろんな方がこれの恩恵を受けており、それが従業員の満足度につながることもあるので、求人を出してもなかなか集まらない、採用してもすぐにやめてしまうという場合は、この仕組みを導入するのもおすすめです。このシステムを導入するのは意外とコストが安く利用することができます。導入企業の利用手数料が無料、というシステムを提供しているところもあります。給与前払いを利用するときの手数料自体も、従業員の方が負担をします。したがって、安いコストで満足度の高い待遇を作れるのが魅力です。いろんな業者が提供していますが、違いはあるので比較して導入を考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *