規定されている給料日まで待つことなく従業員が賃金を引きだせるサービスを給与前払いといって、通常だと就職してから初回の給料がもらえるまでに1ヶ月以上かかりますが、このサービスだと日払いや週払いも可能です。

近年は取り入れる企業も増えていて、メリットして求人募集をしたときに応募数が増える傾向があります。仕事を探すときにも日払い可能で探す人も多く、職場に求めている条件の一つになってきてます。アルバイトだと早く給料が欲しいというのは大体の人が持っている要望で、給与前払いを導入していて求人で日払い可能にしておけば人材獲得での差別化も測れて優秀な人材も獲得しやすいです。

導入後に応募数が増えた事例も多数あります。企業の悩みの一つとして福利厚生がありますが、会社が提供しているものと従業員が必要としているのが違っていることも珍しくないです。そこで給与前払いは従業員に喜ばれる福利厚生として注目されていて、実際に導入してから人材の定着率が上がったことも報告されてます。離職率が下がると採用コストも減らせるためまさに一石二鳥です。

このサービスはあまり費用がかからないものも多く、企業にとってコスパが良い福利厚生です。求人募集を出した時に多くの応募者を獲得するためか、それとも離職率を下げるために導入するかによって選ぶサービスもかわってくるため、先に導入の目的を明確にしておくといいです。サービスを提供する会社も企業の負担が小さいものから、海外に送金できるタイプなど色々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *