給与日払いシステムを選ぶときは、考慮要素がいくつかあるので、それぞれのポイントを比較して選ぶと良いです。まず、サービスの利用料金をどちらが負担するのか、という点が挙げられます。導入費用や月額利用料がゼロ円の日払いシステムもありますし、導入費用や月額費用が発生するタイプもあります。前者は企業側の負担がない代わりに、従業員の負担する手数料が高くなりますので、すべてのコストを従業員が負担するタイプです。

後者は、企業がコストを負担して授業員が負担ゼロになるか、両者ともにバランスよく負担するタイプがあります。ある程度資金に余裕がある会社が導入するなら、圧倒的に従業員の負担がゼロ円タイプの方が良いです。あまりコストがかかるようであれば、従業員は給与日払いシステムを利用しにくくなるからです。もちろん、毎月の負担をするのは大変という企業もありますし、負担といっても一回あたり数百円であるため、頻繁に使う従業員がいないような職場であれば、それでも十分にメリットを感じてもらえる場合もあるので、導入する企業の具体的な環境を基にして選択するのがベストです。

給与の仕組みを大きく変えることになるのでは、と思われるかもしれませんが、基本的にこれまでの勤怠管理システムを使って利用できるので不安はありません。また、手作業でやっていた場合は、日払いシステムと一緒に利用できる勤怠管理システムを導入できるので、むしろ業務の効率化が促されます。給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *