求職者にとって、給与の支払いタイミングはとても気になるところです。一般的には月払いをする会社が多いですが、職種や募集内容によっては、日払いシステムを採用している会社もあります。まず、給与体系に日払いシステムを導入している会社は、アルバイトを多く雇用している場合です。雇用期間が不定期で、長く働く人もいればすぐに辞めてしまう人もいるなかで、月払いをしてしまうとすぐに辞めてしまった人に対しての給与の未払い期間が長くなります。

会社として業務が煩雑になったりするので、働くたびに精算できる日払いシステムをとっている会社があるのです。従業員の離職率や入れ替え率が高い会社も、同じような理由で日払いを取り入れているところもあるでしょう。また、会社にとって日次で売上や利益の経営成績を出したいときは、給与を日払いにすることによって、よりリアルな日次の数字(お金)の動きを知ることができます。これまで、会社目線で日払いシステムを見てきましたが、働く側にとってもメリット・デメリットは存在します。

日常生活のなかで、急な出費が必要だったり、友人知人から遊びに誘われた、なんてときは給与が日払いだと助かるのではないでしょうか。フリーターや学生などは日払いの恩恵を受けやすいと思います。しかし、手元に現金が残っているからといって、趣味や娯楽など楽しいことに散在してしまうと大きな出費が必要な時に困ってしまいます。どのようなお金の使い方をするかによって、月払いや日払いは慎重に選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *