給与の日払いシステムは、労働力を確保するためにはもはや不可欠な福利厚生とも言われます。近年ではIT企業や人材派遣会社が中心となって、さまざまな企業にシステムの販売を行っています。上場企業の参入も見られ、価格面やサービス面で競争が起きているのも事実です。システムを導入するにあたっては、いくつか考慮すべき点があります。

まずは、給与の日払いシステムの導入費用は誰が負担するかという問題です。企業の負担が何とゼロのサービスもありますし、利用する従業員の手数料負担を軽減するサービスも見られます。単に導入コストを下げることだけを考えるのではなく、利用者が安心して使えるサービスを選択する視点も大切です。かつては企業側の負担がゼロのサービスが人気でしたが、近年では従業員の負担を軽減するために企業側も導入コストを支払うサービスや、従業員の手数料負担を無料とするサービスにも注目が集まっています。

これに加え、給与の日払いシステムは事務作業を軽減できるもの、会社の状況にマッチしたものを選択することが望まれます。事務作業を減らすためには、給与計算や勤怠管理システムと連携できるものを選ぶ必要があります。中には、面倒な事務処理作業を一手に引き受けるサービスすら存在しています。また、会社の状況に合ったシステムという意味では、会社が従業員に給与を振り込んでいる銀行の口座が使えることや、外国人労働者が多い会社の場合は海外送金や多言語対応といった機能が備わっていることがポイントになります。

以上のように、できるだけ多くの日払いシステムを把握し、比較することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *