就職して最初に給料が支払われるまで、月払いの企業なら一ヵ月から二か月くらいかかります。これでは、すぐにお金が必要な人の応募は見込めませんが、給与の日払いシステムを導入することで、すぐに支払ってもらいたい人の応募を増やすことが可能です。短期の派遣などでは日払いが可能ですが、月払いをしている企業の方が正社員として働けるので、本来的には応募者も働きたいと思っています。そのため、給与の日払いシステムを採用することで、応募者数を劇的に増やすことにもつながるので、応募者数アップを目指したい企業は導入を検討してみましょう。

給与の日払いシステムは、あくまで前払いをしてもらいたい方だけが利用すればよい仕組みなので、これを導入したからといってすべての給料が日払いになるわけではありません。利用しない人は今まで通り月払いで支払ってもらえるので、システムが導入されることによる混乱もないです。日払いを利用するのには手数料がかかりますが、これは従業員の方が負担します。通常数百円程度が一般的なので、あまり負担は重くないですが、より負担の小さいサービスを選んだ方が、負担感を軽減されて魅力を感じてくれる人が増えるので、選ぶ際のポイントとしましょう。

システムはどこも、携帯電話やパソコンから簡単に申請できるようになっています。会社側の方で何かやらなくてはならない作業が出るわけではないので、導入したからといって経理の負担にはならないのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *