会社員時代には考えられなかった自由な生活が、フリーランスとなると手に入ります。働く日数だけでなく勤務時間も、個人的にいつ起きていつ働いても良い自由が得られるわけです。一方で、毎月決まった給与が得られるわけでは無いので、仕事の確保から納期に至るまで全て自己管理が必要となります。フリーランスとして軌道に乗ってからは、仕事の量と単価を交渉によりクライアントと決めて行きます。

週5日という勤務日数に囚われずに、定年退職すら無いことをメリットとして、好きなだけ稼ぐことが可能です。労働基準法に準拠した働き方をする必要が無くなったことから、繁忙期には起きている間は全て仕事に充てて、閑散期には丸々1ヶ月休んでも誰からも文句を言われません。会社勤めで人間関係に疲れてしまった人は、フリーランスとして独立開業すれば煩わしい人間関係から開放されます。仕事上の付き合いはありますが、あくまでもビジネスパートナーとしてのドライな関係に過ぎません。

自らの判断によって失敗することもありますが、勝負に出て当たった時には多額の報酬を得られます。会社員の時には、自ら稼ぎ出した利益のうち大半は会社に吸収されてしまいますが、フリーランスならば利益は全て独り占めすれば良いわけです。大きく稼ぐことが出来るフリーランスで、人生悔いが残らないように大きく勝負することも時には大切となります。働く自由と同時に仕事に対する責任も含めて、やり甲斐がある仕事です。

給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *