フリーランスという働き方を選んだ際には、自らの時間の使い方をデザインするつもりで取り組む必要があります。時間に対する自由度が高いものの、自己管理能力に長けていないと無駄な時間の使い方をしてしまいがちです。通勤をする必要が無い分だけ、本来ならば使える時間が多い筈ですが、仕事時間とプライベートをしっかりと分けないと、休憩時間が異様に長くなってしまいかねません。朝起きてから就寝までの時間を、自ら求める収入とプライベートのバランスを考えて割り振りを考えれば、フリーランスとしての自覚が目覚めてくるでしょう。

仕事の時間と決めた時には、仕事以外のことをしないつもりでメリハリを付けた生活を送れるようになると、仕事に対する集中力が増して来ます。会社員ならば、勤務時間が明確に決められていますが、フリーランスは仕事の量と質で受けたプロジェクトの納品スケジュールを考えながら割り振りを行なうわけです。生産性を高められれば、短時間で仕事を片付けて遊びに出掛けても良いでしょう。フリーランスという働き方を楽しめるくらいに、仕事に対する情熱を維持出来ることが重要です。

モチベーションを維持するためにも、プライベートの時間をしっかり確保した上で、仕事の時間帯には業務に集中する習慣を身に付ければ、ダラダラとした時間を減らせます。会社員ならばダラダラしていても給料は貰えますが、フリーランスにとっては、納品する仕事が仕上がらなければ1円にもならないことを覚えておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *