フリーランスに成りたかったら、自分で顧客を獲得することが大切です。既にいる顧客を直接取り引きに変えて、フリーランスになる人も多いです。例えば、何かをどこかの企業からの出張講師という形で生徒を紹介してもらいます。その後、企業からの出張講師として教えるのではなく、講師と顧客と直接、取り引きするようにすると良いです。

企業が直接やり取りを禁止している場合がありますが、顧客側には自由に取り引き相手を選べる権利があり、これを害することになるので、直接やり取りしたことを訴えるようなことはしません。フリーランスになりたかったら、まずは派遣講師になるのが近道です。また、自分でフリーペーパーなどに生徒募集記事を掲載して、生徒を集める人も多いです。ある程度の生徒が集まると、口コミで生徒が生徒を呼んできてくれるようになります。

このような体制ができれば、フリーランスとしてやっていけるようになります。まずは業界で実績を積むことが大切です。未経験者や経験が浅い人だとビジネスが上手くいかなかったり、業務に支障が出た時に対応できなかったりして、大きな問題を起こす可能性もあるからです。また、ある程度の人気が確保できないなら、フリーランスにるべきではありません。

雇い止めのリスクは正社員とは比べ物にならない位に高いです。安心や安全を求めるなら、フリーにならない方が良いです。自由や効率的な儲けを求め、リスクを取れるなら、やってみる価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *