組織に所属しないフリーランスにとっては、自分で自分の信用を守ることが大切です。信用できる顧客とだけ取引をすることや、なるべく小さな労力で成果を出すことも、フリーランスとして生活を成り立たせていくための重要なポイントになります。できるフリーランスは、自分なりにすぐ使用できる素材をストックしておき、オリジナルでありながらも手間をかけない仕事に落とし込みます。継続的に仕事を受注していかなければいけないからこそ、1つの仕事で過度に消耗しすぎないことを心がけましょう。

単価の高い仕事には相応の労力をかけつつ、あまり儲けにならない仕事では上手く受け流すという要領の良さを身につければ、フリーランスとして一気にランクアップできます。採算度外視のアマチュアならば、気が済むまで1つのことを続けても許されますが、自分や家族の生活がかかっているプロにとっては、報酬に応じた対応をするのが常識です。人脈を広げるために積極的に会合に参加していくのも、仕事に関係する支払いを経費にできるプロならではの行動と言えます。将来への投資となる行動にお金を惜しまないフリーランスは、他の同業者よりもどんどん先に進めて、それだけ仕事を確保しやすくなります。

個人事業主としてのフットワークの軽さを活かせば、色々なところにビジネスチャンスを見つけられるのが現代社会です。インターネットによって個人でも様々なサービスを利用できる環境となったので、役立つツールを導入することで、より要領良く仕事を進められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *