フリーランスとなる前には心得ておきたいことがあります。独立を決めるきっかけが、クライアントからの評価である場合があります。高い技術を持っていることやビジネススキルを評価されることで自信を持つというパターンが多いわけです。そこで独立すれば、そのようなクライアントから仕事を得ることができると考えるものです。

けれどもふたを開けてみると、それほど簡単なものではないことがわかります。その理由は、フリーランスは会社という後ろ盾がなくなるためです。クライアントは信頼性を担保に仕事を依頼することになります。会社という後ろ盾があれば、品質や納期を担保されると考えるわけです。

けれどもフリーランスとなると、それらを担保するものがなくなります。では何を持って信頼性を得られるかというと、実績です。独立したばかりでは実績がないので、なかなか仕事が得られずに苦労することになります。そこで考えられる方法はふたつあります。

まずひとつは独立する前に、ある程度の実績を作っておくことです。副業として仕事を請け負うことで実績を積むことができます。そしてもうひとつは独立してしばらくは安い単価の仕事を数多くこなすことです。そのために当面の生活費をある程度確保しておく必要があります。

様子を見ながら単価を上げてもらう交渉をしたり、他のクライアントを探すことになります。またどんな仕事でも良いわけではなく、キャリアにつながる仕事を選ぶことも大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *