フリーランスのライター一本で食べていくには、まずは周りに自分の存在を知ってもらう必要があります。フリーランスの場合は、営業も執筆も自分で行う必要があります。まず自分を売り込んで実力を知ってもらわないと、仕事は永遠に訪れません。そのための取っ掛かりとして便利なのが、クラウドソーシングを利用する方法です。

ネット上で記事を募集していて、サービスによって違いはありますが誰でも参加可能なものが多いです。一定の執筆レベルに到達すればさらに上のレベルの記事の執筆ができるようになるタイプもあります。クラウドソーシングのメリットは、自分の腕を磨きながらお金を稼ぐことができることです。執筆の練習といっても、依頼者の要望に合わない記事を書くことは許されません。

当然のことながら仕事ですから、その点は間違わないことが大切です。クラウドソーシングで何度も記事を作成していくうちに、依頼者から信頼が得られるようになります。フリーランスにとって、信頼を得るのは非常に重要なことです。信頼がなければ食べていけない、仕事がもらえない世界ですから、まずは信頼を得るためのツールとしてクラウドソーシングという場を活用してみるといいでしょう。

これ一本で食べていけるようになるには、本を執筆して売れっ子になるくらいのレベルになる必要があります。文章の能力はもちろん、営業の能力や信頼を勝ち取る工夫なども合わせて行うことがフリーランスのライターには求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *