自分で自由に仕事をとってこられるのがフリーランスの魅力ですが、一方ではあまり評判が良くないクライアントと関わってしまう危険もあります。フリーランスの多くは、指定された仕様の成果物を期日までに納品する形になっており、正式な契約時に当事者同士で条件を調整するのが一般的です。納品時に一番ありがちなのが、イメージしていた内容と違うから修正して欲しいというクライアントからの要望であり、ただ言われるままでは採算が合わない仕事になりかねません。契約時に再納品の基準を予め決めておくことが現実的な解決策でして、それによって再納品について制限を加えられます。

たとえば、イラストであれば修正は2回まで、原稿であれば誤字脱字などの明らかな品質不良があった場合のみ再納品するといった約束事が、実際のフリーランスの現場でよく用いられています。誠実なクライアントであれば、契約の不備をついた請求を行ってくることはめったに見られませんが、まだ信頼性がよく分からないクライアントに対しては用心しておくのが鉄則です。証拠を残すために一連のメールを保存しておく、あるいは、書面で契約書を交わすといった自衛策を行っておくことでも、いざという時に自分の身を守れます。クライアントとの打ち合わせはしっかり行いつつも、不当な請求をシャットアウトできる予防線を張っておくのが、個人で動いているフリーランスに必要な行動です。

打ち合わせで返答があいまいなクライアントほど、実際に納品してから注文をつけてくる傾向にあるので、場合によっては依頼を断る勇気も求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *