日払いの仕事は簡単に飛び込める分、通常の正社員や派遣のお仕事とは契約の段取りが違うので、雇われる側が気をつけておかないと勝手な解釈で進められてしまい困ったパターンに陥る可能性もあります。そうならないために、注意しておくべきことをご紹介しましょう。まず、「日払い」の解釈についてです。インターネットや無料の求人雑誌で見つける「日払い」の仕事といえば、雇われる私たちにとっては、仕事をしてその日のうちにお金をいただいて帰る、といった順序だろうと思いがちです。

緊急でお金が入り用なときは特にありがたい存在です。けれど、ちょっと待ってください。その日雇いの仕事、本当にその日のうちにお給料が手渡しでいただけますか。日払いと言っても、実はその会社で決められた日(たとえば週に一度)に取りに来てくださいといったパターンや翌日に取りに来てくださいといったパターンも存在します。

辞書で調べますと、日払いの意味は「1日ごとに賃金を支払うこと」となっています。つまり、即日に支払うという意味ではないんです。ですから、月の頭に1日だけ入った仕事の給料が、月末あるいは翌月末に支払われる場合もあるということです。ちょっとしたお小遣いのつもりで日雇いの仕事をやってみる分にはいいのですが、緊急にお金が必要だという人は説明会や登録会の際に、具体的にいつ給料がいただけるのかをはっきりさせておく方がいいでしょう。

契約してしまってからでは文句も言えません。契約の際に「前貸しはしません」など、細かい決まりを設けている会社もあります。慌てているときほどしっかり確認してみてください。給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *