日払いとは日雇い契約の賃金支払いのことで、一日の労働力を提供することで、一日分の労働賃金をもらうことです。日払いで賃金をもらうことのメリットは、即金で一日分のお金がもらえることです。日雇い派遣とも言われて、派遣会社にもよりますが、労働が終ったら、事務所に受け取りに行けばもらえたり、また、スタッフが現場まで迎えに来て、お金を渡してくれたりもあります。即金で賃金がもらえることは大きなメリットですが、仕事的にはいつも仕事があるという分けでもなく、請負先の状況にもよります。

派遣人員の需要がなければ、幾ら働いて、お金が欲しくても仕事に就くことは出来ないので、収入も得られません。安定しているとは言えなく、安定した収入が欲しければ、パートや正社員として正規雇用で入った方が安定した収入が期待できるでしょう。日払いの仕事としては倉庫内作業や工場内作業などがあります。単純で簡単な仕事が多く、誰にでも出来るものが多いです。

年齢も幅広く、10代後半から60代と年代を問いません。日払いは正式に就職するまでのアルバイトとして利用する人が多いです。仕事を探しながら合間を見て働くことが出来るので、これもメリットと言えるでしょう。特に日雇いを辞めるのに手続きが必要というわけでもなく、新たに就職先が見つかって、利用しなくなっても、登録は残るので、またいつでも働くことが出来ます。

登録制派遣とも言われますが、都合に合わせて利用するのに適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *