小型船舶免許は船舶の大きさがカギである

小型船舶免許とは、小型の船を操縦することを許すという免許です。そのうえで、小型船舶免許のカギとなる部分が船舶の大きさと重さになります。小型船舶免許では、トン数が20万トン未満であれば操縦が可能で等級によって海岸から5海里までを操縦可能、無制限に操縦が可能という具合に等級分けされています。なので、小型船舶一級免許が一番操縦権を持つ免許でこちらであれば無制限に航海が可能です。

そのため、20万トンを超えた船舶でかつ24メートル以上の船舶においては中型や大型という扱いになるため、小型船舶の運転免許では操縦権を貰えません。これは自動車も同じで軽自動車や普通自動車、大型車と分類分けがされていて運転する乗り物が大きくなればなるほど難易度が上がるというものです。船の場合も同様に大きくなればなるほど見張りの重要性のほか、操作性が悪くなることから運転が難しくなり高い運転技術を必要とするため免許で等級分けをして小型に中型という具合に免許を分けています。よって、小型船舶の免許は、船の大きさがカギで20トンを超していても実は小型船舶扱いになるプレジャーボートなどがありますので、船舶が何メートルの大きさであるかも実は小型船扱いになるポイントになるので十分な大きさの小型の船舶を選ぶカギになります。

ちなみに、小型船舶免許の一級は受験資格は18歳からになり、2級であれば海岸から5カイリしか進むことができないという特性上16歳から取得可能です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.