選ぶヒントになる小型船舶免許の種類

小型船舶免許を持っていると、サイズは制限されるもののボートの操船が可能になり、許可されている範囲内で自由にマリンレジャーが楽しめるようになります。操船できるボートは原則として一人で扱えること、スポーツやレクリエーション目的に使用する小型船舶が条件です。漁船のように大型で複数人での扱いが必要な船舶や、商業目的の旅客船などの操船は認められないので注意です。名前から分かる通り、小型船舶免許は小型船舶の操船のみ認められる免許なので、その点をしっかりと理解することが大事です。

一級は小型船舶で操船できる範囲であれば、自由に海に出て釣りをするなどが可能になります。ただ沿海区域から約150kmを超える水域での操船については、六級海技士(機関)以上の資格者を乗船させる条件が加わります。小型船舶免許の二級は陸岸に近い場所での操船に最適で、海岸から5海里以内の海域での操船が認められます。陸から大きく離れたり海に出ることがないので、海岸周辺での釣りやマリンレジャーに最適です。

二級の小型船舶免許にはもう1つ、湖川に限定されるものがあって、文字通り湖や川での操船に適しています。通常の一級や二級と違って、操船可能な船の大きさは総トン数5t未満、エンジン出力約20馬力までです。特殊小型船舶操縦士は一級と二級に付随する、水上バイク限定の特殊な免許で、水上バイクの操縦には他の小型船舶免許とは別にこの免許が必要となります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.