資格取得にチャレンジ!小型船舶免許

四方を海に囲まれた日本だからこそ味わってみたい楽しみが、船舶の操縦です。気軽に海を散歩できるため、2級船舶免許の取得を目指す方が増えていて、海を目指す方の学び舎となっています。中でも2級小型船舶免許が選ばれているのは、フィッシングボートやクルージングボートなど本格的な小型船舶を操舵できることが理由です。平水区域と呼ばれているエリアであれば、海岸から100海里以内を航行できるため、レジャーシーンで活躍します。

2級小型船舶免許に関心のある方は、最寄りの船舶教習所で資格を取得できます。船舶メーカーなどが運営している教習所では、学科講習と実技講習を受講者に提供しており、おおよそ2日ほどで免許を取得できるのが魅力です。小型船舶免許の学科講習では、水上交通の特性や船長の心得と遵守事項に加えて、水上交通や港内での交通ルール、輻輳海域(混雑した海域)や湖川での交通の方法に加えて、操舵一般や後悔の起訴、船体・設備・装備品、機関取扱い、気象・海象、荒天時の操舵と避難、事故対策を学びます。実技講習では出航前の準備と点検、解らん・保留、結索と方位測定、安全確認に加えて発進・直進・停止・後進、変針・旋回・蛇行、人命救助と避難操船、離岸・着岸などを実際に経験します。

学科講習は1日、実技講習は1日となっており、学科審査に合格すると小型船舶免許を交付してもらえます。国道交通省登録船舶教習所であれば、国家試験を免除されるためスムーズに取得できます。学ぶ意欲と熱意があれば、比較的スムーズに取得できる資格なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.