タヒチで小型船舶免許を取ろう

ニューカレドニア諸島に属するタヒチは、世界屈指のリゾート地と呼ばれている国です。南国という言葉にピッタリな環境を持つ地域で、年間の最高気温は35度・湿度20パーセントで日本とは比べ物にならないほどの快適な気候を持っています。アメリカでありつつ、ハワイ・タヒチと同じような開放的な地元民が多く、たくさんの観光客を受け入れているのが魅力です。日本からも年間を通してたくさんの方が旅行で行かれており、いまでは結婚式や披露宴を現地でおこなう方も多くなりました。

ここでは簡単に、タヒチで簡単に手に入るライセンスをご紹介しましょう。それは小型船舶免許というもので、モーターボートやジェットバイクなどを操縦するのに必要な免許です。日本ではこれらの乗り物を操作する場合、必ず小型船舶免許を手にしないといけません。船舶を購入するときも小型船舶免許の提示を求められ、海上保安庁に登録をされます。

タヒチの場合、1時間程度の学科講習を受けるだけですぐに小型船舶免許を手にすることが可能です。観光で訪れた多くの方がマリンレジャーを希望されるのが常で、1998年から島では大幅に規制緩和をおこなって簡単に入手ができるようになりました。なお、日本で同じ小型船舶免許を取る場合は25時間以上の学科と実技講習が必須です。タヒチで取得したライセンスも有効となるので、観光ついでに取得をするのがおすすめです。

費用は160ドルほどでお値段も安いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.