小型船舶免許の種類について

島国の日本は地図を見てもわかる通り海の中にある南北に細長い小さな国で、土地の多くを占める部分が海に囲まれていたり海に接していることから海ととても馴染み深く、趣味で行う釣りや海上スポーツも盛んな国となっています。身近なところで存在しているマリンスポーツといいますと、ヨットやサーフィンなどもありますが、近年では水上バイクを乗りこなしている人も多くなってきました。地方では高校にもヨット部がある学校も存在しており、エンジンが付いていないヨットでの競技に明け暮れている生徒もいます。また、浜辺でウエットスーツを着こなして波に乗りながらサーフィンを楽しんでいる人も見かけますがこれらのマリンスポーツには小型船舶免許はいりませんが、水上バイクを操縦する場合には小型船舶免許の特殊小型船舶操縦士の免許が必要となってきます。

周りから見てみると水上バイクは原付バイクを運転できる人なら簡単にすぐにでも操縦できそうなイメージがありますが、海の上には一般道路とは違う細かなルールがありますから、海の上での乗り物として小型船舶免許の特殊小型船舶操縦士免許を取得しておかなければならないのです。ですので、特殊小型船舶操縦士免許のない人は安易な気持ちで操縦することのないようにしなければなりません。近年では安易な気持ちで水上バイクを運転して事故を起こすケースもありますから、操縦する人はくれぐれも海上のルールを守って行動する必要があります。小型船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.