種類によって違う小型船舶免許

小型船舶免許を取得すれば小型船舶を自分で操縦することができます。免許を取得するときに注意しなければいけないことは、取得する免許の種類によって、運転できる方法に違いがあることです。そのために、自分が操縦したい方法ができる免許を選んで取得することが必要です。小型船舶免許の中でも、船を操縦できる範囲が一番広いのは、一級小型船舶操縦士です。

この免許を取得すれば、小型船舶を無制限で運転することができます。ただし、この免許を取得している人であっても、沿岸区域の外側80海里より遠くの水域を移動する場合には、単独で操縦することができません。上記の水域を移動する時には、6級海技士以上の資格を所有している人が、船に一緒に乗っていることが必要です。小型船舶免許には、二級小型船舶操縦士という免許もあります。

一級との違いは、小型船舶を操縦できる海域の範囲です。二級の免許で運転できるのは、海岸から5海里までの距離の海域です。それ以上遠く離れた場所を船で操縦したい場合には、改めて一級の免許を取得する必要があります。二級の免許の場合、免許保有者の年齢によって操縦できる船舶の種類が異なります。

18歳未満の人が操縦する場合には、5トン未満の重さのボートに限り操縦することができます。18歳になれば、この制限は自動的に解除されるので、5トン以上の小型船舶を操縦することが可能になります。新しい免許が発行されるのは次の回の更新時です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.