小型船舶免許取得のために勉強をしよう

小型船舶免許を取得したいとなった場合には、学科試験も行われることから、それなりに勉強をしっかりと行う必要があります。小型船舶免許取得のための勉強方法は、市販のテキストに目を通し、概略を理解したら、過去問を重点的に繰り返して勉強すると良いでしょう。小型船舶免許の筆記試験は、出題パターンがある程度決まっていて、8割以上は過去の問題と同じものが出題されると言われています。パターンの中からセレクトされた問題が本番の試験でも出題される傾向にあります。

科目ごとの攻略方法についても頭に入れておくことが大切です。小型船舶操縦者の心得及び遵守事項と呼ばれる項目においては、船を安全に航行するために船長がどのような心構えを持っていれば良いのか、行動なども出題されることになります。主に法令からの出題になるものの、常識的な判断で回答できる設問も多いので、特に問題なく取り組むことができるでしょう。交通の方法については、海の交通法規が出題されることになります。

海事用語はある程度理解しておく必要があるでしょう。難解な問題は出題される事はないので、過去問を暗記しておけば問題ありません。最後に運行は船体の構造、機器類等に関する問題が出題されています。これについては苦手とする人も多いかもしれませんが、この科目についても過去問を重視して勉強することで攻略可能です。

テキストを見返しただけでは対応できないものが多いので、過去問に8割以上の重きを置いて勉強を進めていきましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.