船舶免許の取得難易度はどれくらいか

船を操縦するというのは、やはり専門的なイメージが付きまといます。自動車の運転免許を持っている人は日本中に山ほどいますし、あちこちで車は日々運転されているのを見るものです。その一方で船舶を運転する人というと専門職に従事している人か、特殊な趣味に没頭している人という風に思われがちです。絶対数が少ないからこそ、自動車よりも船舶免許は取るのが難しいのではないか。

そんな風に想像してしまいますが、実際にはそうした懸念は間違いであると断定しても良いでしょう。船舶で扱う海などの水の上では、陸にはない様々な事情が存在します。嵐などに見舞われれば大変ですし、水の上で事故に遭えば中々助けも来ないので命の危険もついて回るものです。普段の生活とはかけ離れた内容を学習せねばならないので、ある程度は戸惑うものもあるでしょうが、試験そのものは別段難しいものではありません。

その証拠に、自動車の実技教習は合計すると三十回近くはカリキュラムでこなすことを求められますが、船舶免許の取得で教習所に通った場合、実技の講習を受けるのは一日か二日のみというのが珍しくはないのです。やはり特殊な操作が必要と言っても、海や湖の上には信号もありませんし、油断していると人をはねたり他の車に衝突したりという心配もありません。自分の船が沈まないようにすること、嵐などには気を付けること、他の船にぶつからないよう最低限のマナーを覚えること。そのくらいのことをわきまえていれば十分なので、実技としても知識としても、実はそこまで大変ではないというのが船舶免許の現実です。

船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.