海釣りに最適な小型船舶免許の種類について

小型船舶免許には、海域を航行できる1級および2級小型船舶操縦士免許と湖や川などの水域を航行できる2級湖川小出力限定免許、水上バイクを操縦できる特殊小型船舶操縦士免許の4つがあります。ちなみに、2級の小型船舶免許は水上バイクも含め満15歳9か月から受験資格および講習の申し込みが可能になっていて、1級は満18歳以上などの取得年齢における違いがあります。ただ、2級の小型船舶免許は18歳の誕生日を迎えるまでの間は通常総トン数20トン未満の小型船舶ではなく総トン数5トン未満になる限定免許になるので注意が必要です。総トン数が小さいけれども、沿岸から5海里(約9.76km)までの海域で航行ができるので、沖釣りなどで利用したい人にも最適です。

1級の小型船舶免許は2級とは異なり海域での制限がないのが特徴です。沿岸から5海里などの場合はトローリングができないとか大物狙いのための離島への移動ができないなどのデメリットもありますが、1級は外洋に向かうこともできる小型船舶免許になるので燃料にもよりますが、海外に行くこともできます。ちなみに、免許を持っていることで漁師や釣り船などの船長になることもできますし、屋形船なども総トン数20トン未満もしくは全量24m未満の小型船舶なら業務で使うことも可能です。ただ、業務で使うためには免許を取得するだけでなく、海難発生のとき措置や救命設備などに関する小型旅客安全講習の受講が必要になることを覚えておきましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.