2級の船舶免許は海岸から5海里までの海域

小型船舶免許の対象になる小型船舶は、総トン数が20トン未満や長さが24m未満、一人で操縦する構造を持つなどの条件を満たす船です。小型船舶の中には、釣り船や漁船、遊覧船などのような旅客船も含まれますしジェットスキーやジェットボートなどのようなジェット推進の船舶も小型船舶に含まれます。水上バイクなどの場合も小型船舶に含まれるので当然船舶免許が必要になるわけですが、船舶免許には水上バイク専用のものと海で操縦ができる1級と2級、2級には湖や川などの水域での操縦が可能な湖川小出力限定免許などの種類もあります。どのようなフィールドで操縦するのか、何をするのかで取得する免許の種類が変わります。

例えば、水上オートバイで水面を滑走したいなどの場合は特殊小型船舶操縦士の資格を取得すれば良いわけです。ただ、特殊小型船舶操縦士は水上オートバイ専用のライセンスになるのでクルーザーなどの小型船舶を操縦することはできません。それと、2級の船舶免許には2級小型船舶操縦士と湖川小出力限定操縦士免許の2種類がありますが、湖川小出力限定操縦士免許は航行区域を湖や川など内水面を対象にしているので、一部の海域限定で5トン未満のボートでエンジンの出力が20馬力(15kw)未満に限定されます。海の中でレジャーを楽しみたい人は、海岸から5海里(約9.76km)までの海域の中で自由に操縦ができる2級小型船舶操縦士を目指せばクルージングや釣りなど使えます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.