クルーザーの運転は船舶免許の取得が必要

船を行き来するクルーザーは、見ていて優雅な気持ちにさせてくれるものです。クルーザーを購入する際は、免許の必要がありません。もしクルーザーを操縦したいとなったときに、船舶免許が必要となります。クルーザーを操縦したい場合、おすすめ出来る船舶免許は一級または二級の船舶免許です。

一級と二級の最もわかりやすい異なる点は、その操縦出来る範囲となります。一級の場合は、基本的に海域は無制限とされており自由度が高いものです。二級は海岸から5海里という制限が設けられます。5海里はおおよそ9キロメートルですから、湾を直行出来ない可能性が出てくるでしょう。

ただし、それほど長い距離を操縦することはないのであれば、二級でも問題はありません。一級の船舶免許を取得した場合、海岸から100海里まで航海することが可能です。それ以上となると、6級海技士という別の資格が必要となります。クルーザーには維持費や保管費用などがかかるため、安全な運航のためにはこのようなメンテナンスの知識と定期的なお手入れ、そして保管場所が欠かせません。

実はこのメンテナンス方法などは、船舶免許の実技プログラムにきちんと組み込まれています。操縦方法やエンジンの点検の仕方、ロープワークや人命救助といった大切なスキルは、全て学習することが出来るのです。クルーザーを持っていたとしても、このような知識と実技経験がなければ、性能をいかしきることが出来ません。船の免許は欠かせないものなのです。

船舶免許のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.