船舶免許はどのようにすれば取得できるのでしょう

ボートを操縦する時に必要な免許のことをボート免許、または船舶免許といいます。海で使える免許には3つの種類があり、それぞれボート用と、水上バイク用に分かれています。ボート用には1級と2級があり、この2つはボートが航行できる海域が違います。またボートの免許で水上バイクに乗ったり、水上バイクの免許でボートに乗ったりはできません。

ですから船舶免許を取る時は、ボート用なのか水上バイク用なのか、ボート用の場合は1級か2級なのかをまず決めておくようにします。免許そのものはボートスクールなどで講習を受け、国家試験を受けて合格すると取得できます。その他に国土交通省登録の小型船舶教習所で受講し、修了試験を受けるという方法もあります。この修了試験に合格すると、国家試験の学科と実技が免除されます。

受験の前に身体検査があり、視力と色覚と聴力がその対象となります。視力は矯正で0.5以上、色覚は夜間に船舶の灯火の色を見分けられるかが検査されます。聴力の場合は、5メートル以上離れて、普通の大きさの声を聞き取れるかどうかが基準です。また身体機能に障害がある場合でも、軽症で操縦にさしつかえないと認められたら、船舶免許を取得できます。

それから受験には年齢制限があり、1級は試験日前日までに17歳9か月以上、それ以外はやはり前日までに15歳9か月以上でないと試験を受けられません。また15歳と17歳で試験に合格した場合は、実際に免許を取得できるのはそれぞれ16歳と18歳になってからです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.