仕事にもいきる船舶免許

小型船舶操縦免許、いわゆる船舶免許は免許の種類が設けられており、それぞれ操縦出来る海の範囲や船の大きさが異なるものです。だからこそ、船舶免許を取得する際には目的を明確にしておくことが大切と言われています。船舶免許をレジャーで活用する際は免許だけで問題ありません。ただし、仕事で使用するとなると別の資格が必要となることを覚えておきましょう。

ただし、考え方によってはそれだけで海の仕事を目指すことも出来るのです。たとえば観光業の場合は特定操縦免許の取得が、必須となります。インストラクターの仕事を目指すなら、加えてマリンインストラクターという資格も必要です。ですが接客だけではなく、美しい自然風景や観光地も楽しめる仕事となります。

漁業に従事する場合は、船舶免許だけではなく海上特殊無線技士免許の資格も必要です。これは同じ漁師仲間とのやり取りで必要となる資格と言えます。他にも海産物などを運搬するために、フォークリフト免許を持っておくと便利でしょう。また、現実的に二級の船舶免許のような海岸から5海里以内という制限がある場合、漁業を営むのが難しいと言えます。

制限のない一級を取得することが必須となるので、こうした場合はより学習が必要です。他にも海上警備の仕事や開場建設の仕事も選択肢の中に入ります。海上で従業員の送迎を行う場合も、海上運送法の規定に基づく許可や届出が求められるため、士業の方への相談が必要です。免許があれば職業の選び方も、自由度が高くなることがわかるでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.