船舶免許は更新が必要

船舶免許は一度取得したら定期的に更新が必要で、更新を忘れると失効してしまい、費用を支払い再交付してもらう必要があるので注意です。船舶免許の有効期限は発行された日から数えて5年間で、以降は5年毎に講習を受けて更新の手続きをすることになります。講習といっても難しいものではなく、所要時間もそれほど長くありませんから、有効期限が切れる前に早めに更新を済ませるのが正解です。有効期限が船舶免許は使うことができませんし、失効を隠して使おうとすると重いペナルティを受けることになりますから、素直に更新をおすすめします。

失効した場合の講習は2時間20分とやや長く、約2万円の費用が発生しますから、再交付よりも更新の方が良いといえます。船舶免許の更新は1万円の費用と講習を受けるだけで可能なので、再交付に比べると半額ですし1万円も安いです。講習の所要時間も短いですから、うっかり手続きを忘れて再交付となるのは勿体ないです。ただし、船舶免許を使っていなかったり当面使う予定がない場合は、意図的に失効させて必要に応じて再交付してもらうのも1つの方法です。

受講申し込み書や免許証かパスポートのコピー、6ヶ月以内に撮影された写真、身体検査証明書があれば更新手続きができるので、継続的に使い続けたくなったらこれらを用意して手続きです。住所や本籍地の変更がある時は、本籍地が記載されている住民票も必要になりますし、免許証を紛失している場合は代わりに運転免許証のコピーが必要になるので覚えておきたいところです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.